耐水蓄光顔料

従来の蓄光にない耐水性を備えた蓄光顔料(蓄光パウダー)です。そのため、屋外や水に濡れるシチュエーションでもご使用いただけます。個人のアーティストの方にも手軽に高輝度の蓄光顔料(蓄光パウダー)をお求めいただけるよう50gより提供しています。

一般的に人間の目は3mcd(ミリカンデラ)/㎡以上を視認することができると言われていますが、この製品は1時間後でも40mcd以上の輝度がある高輝度蓄光顔料(パウダー)です。家庭の明かり(200lx)で蓄光した場合でも、20分ほどの照射で3-5時間は視認いただけます。

※蓄光の輝度の単位はmcdを使用し、キャンドルの語源となります。1cdはローソク1本分の明るさでmcdはその1000分の1の明るさです。(Wikipedia)


暗所で発光するブリッジウェルの高輝度蓄光顔料の写真

製品仕様

発色

グリーン

粒径

25μm

耐候性

10年(目安)

蓄光時間について

この蓄光は太陽光やLEDなど様々な光源で蓄光することができます。しかしながら、光源により蓄光顔料を完全に蓄光(完全励起)させるのに必要な蓄光時間が異なるためご注意ください。

3つの特徴

取り扱いが簡単

従来の蓄光は湿気でいつの間にか発光が弱回っているなんてことがありました。しかしながら、この蓄光顔料は耐水性があるため空気中の湿気を気にせずにお取り扱いいただけます。

手軽に蓄光可能

LEDライトをはじめとして様々な光源で本製品を蓄光することが可能です。そのため、日常生活の中にあるちょっとした光でも蓄光することが可能です。

程よい粒径

蓄光顔料は粒径が大きい程明るい特徴があります。しかしながら、粒径が大きすぎると、塗料やレジンなどに混ぜた際に分散性が悪くなるというデメリットが有ります。多目的な使用を想定した本製品は最も汎用性の高い粒径の25µmとなります。

使用用途(例)

塗料として活用

優れた耐水性があるため従来は蓄光顔料を混ぜることの出来なかった水溶性塗料を始めとして、溶剤系の塗料にも混ぜてご活用いただけます。塗料や絵具に混ぜて釣具やプラモデル、絵画などにも弊社の蓄光をお使いいただけます。

樹脂へ混ぜて活用

エポキシ・UVレジンなど樹脂に混ぜてご使用いただけます。※弊社の蓄光顔料をご愛用いただいているM’s craftworkS様の作品を許可を得て掲載させていただいております。

発光具合・明るさについて

発光の明るさは一定ではなく、時間の経過と共に徐々に暗くなります。完全に蓄光した状態からでは、3-5時間後でも暗所にて薄らと発光し視認性をサポートします。

FAQ

よくあるご質問

溶剤系塗料での使用について

溶剤系塗料でもご使用いただけます。

どれくらいの明るさですか?

一般的なLEDの光度が50ミリカンデラと言われていますが、この製品は60分後でも40ミリカンデラ以上の輝度がある高輝度蓄光となります。また、完全に蓄光した状態からでは3-5時間後でも視認いただけます。

他の粒径・色の取り扱いもありますか?

はい、ご用意ございます。弊社までお問合せください。

どのような大きさですか?

蓄光顔料は10~100µm(小石)程度の大きさがあり、25µmは小麦粉程度(目安)となります。25mμ塗料などにご使用いただいても表面のざらつきは低めかと存じます。


発光させるのにはUVライトを当てる必要がありますか?

いいえ、UVライトは必須ではありません。励起波長は250~480nmで通常のLEDライトでも十分に蓄光いたします。

発光波長はどのくらいですか?

500~550nmです。

耐水とのことですが、水槽の中に入れて使用できますか?

はい、ご使用いただけます。ただし、蓄光材が水槽の底に沈殿してしまう可能性があります。

硫化亜鉛系とアルミン酸系のどちらですか?

アルミン酸系の蓄光顔料をお取り扱いしています。アルミン酸系はエコで亜鉛系と比較すると完全励起した状態では数倍以上明るいとされています。

放射性物質は含まれていますか?

含まれていません。昔の蓄光には発光の際に放射線を発する物質が使用されていました。しかしながら、現在は世界中で使用禁止とされています。弊社の蓄光顔料は放射性物質などの有害物質を含まない「アルミン酸ストロンチウム」を使用しているため安心してご使用いただけます。

蓄光顔料のサンプルを購入

蓄光製品

BWでは蓄光顔料から応用製品まで揃えています。

Glow HOTARU

最短1分の光の照射で
最長10時間発光するエコライト

高輝度蓄光顔料

従来の蓄光にはない
優れた耐水性をもつ蓄光顔料

蓄光シート

JIS規格の最上級を超える輝度と発光時間を持つ蓄光シート